撮影用の背景壁をお手軽に作りました。

お人形を撮影するとき、すてきなドールハウスがあったらうれしいですよね。
でも本格的なドールハウスはとっても高価だし、自分で作るのも難しい。
本格的じゃなくてもいいから、なんとなく雰囲気だけでも味わえたらいいな~…と思ってました。

簡単だけど高くつくのはイヤだし、安いけど難しかったり手間がかかるのもダメ。
私でも作れるくらいに簡単で、完成までにあんまり時間がかからないものがいいんです。

入手しやすい材料で、技術がなくても簡単に、しかもお安くできるようなものじゃないとね。
やっぱり気軽に取りかかれないと、手を出せないじゃないですか。
こういうのは、ハードルが低ければ低いほどいいのです

簡単で安かったら、たとえ最初に作ったものがイマイチ気に入らなかったとしても
最初のは練習、次が本番よって思えるし
そこそこうまくできたら何種類も作ってみたくなるしね。

…ということで、100均で入手できる材料をメインに、実際に作ってみたのが
前回ちょこっとご紹介した、腰板(もどき)付きの背景壁です。
今回は材料や作り方などをご紹介してみたいと思います。

ま、できあがりを見ただけで、だいたいお分かりいただけるような単純なものなのですが
よろしければお付き合い下さい。
 

まずは材料、道具など。

P1110745_c.jpg

ベースはダイソーで買った厚さ10mmのスチレンボード。色はお好みで。
壁紙の柄が引き立つのは白だと思いますが、あえて今回は小花の色に合わせて
地色が少しブルーがかって見えるのもいいかな~と思い、ブルーをチョイス。
小花柄の粘着シートと手芸用速乾ボンドはセリアで買いました。
(ボンドは普通の木工用でも代用できますが、どうせ買うなら速乾をおすすめします。)

白と紺の巻いた状態のものは、クラフトテープです。
(ハマナカの『エコクラフト』という商品名のものが有名です。←5メートル巻441円と高価ですが…)
このクラフトテープは100均で購入したものではなく、ネットショップで購入したものですが
10メートル巻で150円~200円くらいでした。

クラフトテープは紙でできているので、扱いやすい素材です。
細いこよりみたいなものを12本貼り合わせてありますが、好みの幅に裂いて使うことができます。
長さも自由にハサミで切って調節できるので便利です。


セリアでは5メートル巻のテープと作り方が入ったキットが売っています。
2.5メートル×2色入りのキットもあるみたいです。
私が行った店舗には、この1種類しか置いてありませんでしたけど…。

P1110933_co.jpg

ま、お好みの色が見つかればラッキーくらいに思っておきましょう。
お好みの色がなければ、カラーバリエーション豊富なネットショップで購入すればいいのです。
交通費かけて遠くの100均に行くくらいなら、メール便送料払ってもネットショップですよ。


材料はこんなかんじでしょうか。
あ、写真を撮り忘れましたが、メジャーとか30cm定規とか爪楊枝とかも使いました。
スチレンボードや粘着シートを切るときにカッティングマットも使ったけど
お持ちでなければ雑誌を下に敷いたりすればよいと思います。
あとセロハンテープもあった方がいいです。


画像多めで長くなったので作り方はたたみます。

 
続きまでご覧いただこうと思って下さった奇特なお方、ありがとうございます。 
それではここから作り方編です。


まずはスチレンボードに粘着シートを貼り付けます。

P1110729_c.jpg

実は普通に全面に貼り付けるだけで、もう壁として使用可能です。
先日はこの状態で撮影しました。
P1110715_c.jpg ←クリックすると大きくなります。

今回は腰板を付けたかったので、腰板部分には粘着シートを貼っていません。
隠れちゃいますから必要ないと思って、あえて貼りませんでした。

もし、粘着シートの代わりにお手持ちの布を使われる場合は
やはりこの腰板の部分には貼らない方がいいと思います。
布の上にクラフトテープを貼り付けることになってしまうので…。
(試していませんが、恐らく作業しづらいと思われます。)

P1110750_c.jpg

腰板部分にはクラフトテープを使います。
ハサミでお好みの長さに切っておきます。白いテープは、間に挟むので1本ずつに裂いておきます。
テープの溝に1~2cmほどハサミで切りこみを入れ、PPバンドや磁気カードを使って裂きます。
あ、PPバンドというのは梱包用のバンドです。
家電とか買って持ち帰る時なんかにかけてくれるアレです。

磁気カードもいろいろありますが、イメージとしてはミスドのポイントカードとかかな~
厚みがちょうどいいのですが、摩擦で痛む場合もあります。
万が一たまっていたポイントが全部消えちゃったりしたらショックなので
磁気カードを使う場合は、使用済みのもののほうが安心です。
使用済みクオカードとかテレホンカードとかね。テレホンカード、最近は使う機会があんまりないけど…。

P1110751_c.jpg

こんなふうに、白いテープ1本取りを間に挟むようにしてボンドで貼っていきます。
この時、手だけでキッチリ隙間を埋めながら貼るのは難しいので
爪楊枝を使って詰めながら貼りました。

間に違う色のテープを挟みながら貼るのは、少々手間がかかります。
全部同じ幅のテープで作れば、さらに簡単にできます。
シンプルに一色で作るのもよいし、2色、3色でストライプの腰板にしてみるのも
ステキかもしれません。


半分くらい貼ったところ

P1110735_c.jpg

おおまかにガイドラインを引いておくことをおすすめします。

P1110737_c.jpg

貼りながら気が付かないうちに斜めったりしちゃうこともあるのですが
ガイドラインがあると、まっすぐ貼れているかどうかの目安になります。
ちょっと斜め気味だった場合は、少しずつ微調整しながら貼りすすめます。


端から端まで、全部貼り終わりました。

P1110765_c.jpg

貼り終わりの一番右端は、12本取りのテープを5本取りに裂いて使いました。
長さはもちろん、幅も自由に簡単に調整できるのが良いところ。

P1110762_c.jpg

テープの長さを厳密に揃えなかったので、上下がガタガタですが、気にしなくて大丈夫です。

ガタガタ部分を隠すように、腰板の上下にテープを貼ります。

P1110939_c.jpg

せんたくばさみで数か所止めておくと、ボンドがしっかりくっつきます。


上辺には白いテープを貼りました。ひっくり返しても使えます。

P1110943_c.jpg

こんなふうに、2通りの使い方ができます。
P1110908_c.jpg  P1110882_c.jpg ←クリックすると大きくなります。



大急ぎで横の壁も作りました。まだボンドが完全に乾いていません。
壁が重なる部分には腰板は貼らず、右側にも左側にもセットできるようにしました。

P1110945_c.jpg

横の壁は、正面の壁に立てかけてあるだけで固定しているわけではないのですが
結構倒れないものなんですね。

スチレンボードに反りがあるので、コーナー部分に隙間ができてしまいました。
ボードにドライヤーで温風をあてたら、反りは少し軽減したような気もしますが…。気休めかな


裏側をセロハンテープで止めてみました。

P1110957_c.jpg

反りがあるので、上下の角がキッチリかみ合いませんが…。


実際にコーナー部分を使ってドールを撮影するとこんなかんじです。

P1110950_c.jpg

セロハンテープ止め なし

セロハンテープ止め あり

P1110964_c.jpg

セロハンテープで止めるだけで、ずいぶん見栄えがよくなりました。

棚とか椅子とか置きたくなりますね~


セロハンテープでスチレンボードを止めるのは、粘着力が弱くはがれやすいのですが
その分貼ったりはがしたりを繰り返すのには便利です。
撮影が終わったらバラして片付けられるので、かさばりません。
作ってみたけど置き場がないよ~…っていうのでは困っちゃいますよね。

P1110965_c.jpg

以上が腰板(もどき)付きの背景壁の作り方です。

あっそうそう
今回撮影で使った木の床もダイソーで買った木目柄のスチレンボードなんですよ~


ここでご紹介した背景壁の作り方はあくまでも自己流ですので
実践される方は適宜アレンジしながら自己責任でお願いします。
私自身も初めて作ったものなので、改良点はいろいろありそう…。
ここをこうしたら、もっといいよなどのアドバイスもいただけましたら幸いです。


多少なりとも参考にしていただけましたでしょうか
皆様もよろしければ、お試し下さいませ。
出来上がったものを見せていただけましたら、さらに嬉しいです。
(もちろん必須ではありませんので、自由に作って自由に撮影して下さいね

私も今度は壁紙部分を粘着シートではなく、家にある布を使って作ってみたいと思っています。
布の扱い方は、粘着シートとはだいぶ勝手が違いそうなので、一度試してみないとね。
接着剤より両面テープを使った方が楽かな~とか、布端の処理どうしようとか
いろいろ考えながらの作製になりそうです。でも楽しみだな~





拍手をありがとうございます。
大した内容でもありませんのに、長々とお付き合い下さってありがとうございました。


以下は拍手コメントのお礼です。







6/25 K様
拍手コメントありがとうございます。
お久しぶりですねおかえりなさ~い
わざわざ過去記事にまで目を通していただいていたなんて、うれしいです。
そしていろいろ褒めていただき、なんか照れくさいような…。
どうもありがとうございます。

何か真似っこしていただけるようなものがありましたか
Kさんにそんなふうにおっしゃっていただけて、大変光栄でございますわ~
ぜひともお試しくださいませ。

イベントレポは、速報とかは私には無理なので、時間はかかりますけど
いろんな角度からの写真とか載せて、お城のオンラインショップではわからないところを
お伝えできれば…なんて思ったりしながら更新しています。

最近では、ドールショウで見てきたルキコレクションのロベリアの後ろ姿が
なかなか好評だったみたいです。
お城の写真は後姿がないので、イメージがつかみづらい髪型も多いですからねぇ。
もう少し工夫すれば、売り上げも伸びるんじゃないかとか勝手に思ったりしてます。

スポンサーサイト

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ひ さんへ


こんな辺境の休眠ブログにお越し下さりありがとうございます。
自由にアレンジして、楽しみながら制作していただければと思います。
ひさんのお役に立てたのであれば、とてもうれしいです。
コメントありがとうございました!

ドールハウスは場所をとるので簡単に収納できるものを探してここを発見しました。
とても参考になりました。これからチャレンジしてみます。
作り方載せてくださりありがとうございます。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっく・みー

Author:とっく・みー
スウィーツと紅茶とお人形が好きです。
リカちゃんやベッツィー達とまったり暮らしています。

画像お持ち帰りの際は
事前にひとこといただけるとうれしいです。

ブログをお持ちの方は
お知らせ頂ければこちらからもご挨拶にうかがいます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleご訪問ありがとうございますsidetitle